セルフカット 後ろ 女 セミロング。 女性の失敗しないセルフカットのやり方♪髪を上手く切る方法♡ショートは難しい?

【セルフカット】女性のロングからミディアムレイヤーにする方法は?髪のすき方もご紹介

セルフカット 後ろ 女 セミロング

サイドのセルフカットは難しい? いいえ。 答えはNOです!簡単です。 最近ではセルフカットをする人もずいぶんと増えました。 特に前髪をセルフカットしたりする人は多いと思いますが、サイド(横の髪)の切り方は少し難しく、つまずく人もいるのではないでしょうか? サイドは耳があるので髪の毛が耳に当たって跳ねたり、耳を切りそうになったりと難しい所もあります。 しかし、コツさえつかめば簡単にサイドのカットはできます。 ここではセルフカットでのサイドの切り方、サイドをシャギーカットにする髪の引き出す角度やハサミの使い方などを分かりやすく説明していきます。 スポンサードリンク カッコいい髪型を切るには、まず良いイメージを作る。 まずはどんな形の髪型があるか見てみましょう。 レイヤースタイル ザクザク感、束感があるスタイル といっても沢山あります。 サイドを軽くシャギーに残したもの、少し重たく残したもの、耳を出したヘアスタイル、ちょっとした違いで見え方は随分変わってきます。 スタイルブックや雑誌などカッコいい芸能人やモデルさんを参考にしたり、おしゃれな友人を参考にしてみてもいいですね。 「こんな髪型かっこいい!」と思うものを探しましょう。 まず最終的な髪型のイメージを持つことが大事です。 サイドをセルフカットする前にブロッキング カットする前にダッカールなどでブロッキングをしましょう。 カットする部分としない部分を分けることでとてもカットしやすくなります。 前髪とサイドの髪を分けます。 眉尻を目安にし三角形にブロッキングしてダックカールで留めます。 これを最初にしないとサイドを切っているつもりが前髪の端を切っていたりして、フロントM字の部分を短く切りすぎて薄毛に見えてしまったりするので気をつけましょう。 *前髪のセルフカットのやり方は「」に詳しく掲載していますので、そちらをご覧ください。 こんな感じにあらかじめ分けておくと良いでしょう。 スポンサードリンク セルフカットでのサイドの切り方 それでは実際にセルフカットでのサイドの切り方を説明していきます。 自分で横の髪を切るのにはちょっとしたコツがいります。 感覚だけで切るのではなく、ちゃんと理解して切ると精度がアップしますよ。 癖が残っていると出来上がりのイメージがしにくいので普段セットしている髪型と同じ状態にします。 水スプレーなどで表面を湿らすだけでは癖が取れないのでしっかり根元から濡らしましょう。 しっかりと癖が取れたらドライヤーで乾かします。 髪が乾いた状態でカットするドライカットがセルフカットでは失敗しにくい切り方です。 髪の毛の特徴として 濡れている時は長く軽く感じますが、乾くと髪は短く重く感じます。 濡れたまま切ると乾かした時に、イメージしていたよりも短くなったり、重く感じます。 なので仕上がりのイメージに近い髪が乾いた状態で切っていく方が分かりやすくイメージしやすいので、しっかりと乾かして普段セットしている時に近い状態にします。 髪がクセ毛の人は直毛の人よりも濡れている時と乾いている時の違いが出てしまうので、しっかりと手順を省かずにしましょう。 普段セットの時にストレートアイロンなどでクセ毛を伸ばす方は普段どうりにアイロンでセットしてからカットするとイメージしやすくなります。 ハサミの入れ方。 (外側を切る場合) サイドを切る時はクシを使わず、代わりに利き手の反対の手「逆手」をクシの代わりにします。 5本の指を全部使って耳の下から髪の毛をすくい上げるようにして髪の毛をつかみます。 利き手はハサミを持ちます。 反対側の髪の毛の持ち方。 ハサミの入れ方。 (内側を切る場合) 逆のサイドを切る時も同じように5本の指全部を使って耳の下から髪の毛をすくい上げるようにして髪の毛を掴みます。 画像を見て真似してみてくださいね。 この時、髪を掴んだ手の引き出し角度で重さや軽さ、シルエットが決まるので手の引き出し角度はとても大事になってきます。 髪を引き出す角度 今回はレイヤーカットにしたいので頭皮に対して真っ直ぐ平行 セイムレイヤー に引き出します。 上を短く下を長くするように引き出すとややハイレイヤーぎみになってシャギー感が増します。 角度をつければつけるほどハイレイヤーになり、よりシャギー感が出て軽い印象になります。 セイムレイヤーの引き出し角度。 ハイレイヤーの引き出し角度。 セイムレイヤーとハイレイヤーの引き出し角度比較。 引き出す角度が決まったらカットしていきましょう。 まず見えやすい前の方、モミアゲ~こめかみ付近を掴んでカットしていき、それをガイドに次のパネルである耳の上付近をカットしていきます。 徐々に後ろに向かってカットします。 髪を掴んだ指からはみ出た外側の髪を切っていきますが、人によって掴んだ髪の内側を切るほうが切りやすいという人もいると思います。 どちらでも構いませんので切りやすい方で切りましょう。 髪を掴んだ指の内側を切る場合は引き出しをやや長めにして、切りすぎないように気をつけながら切っていきましょう。 1回で切るのではなく、少しづつ様子を見ながら切るのが失敗しないコツですよ。 上級者向けですがハサミを使わずにバリカンで切っていく方法もあります。 「逆手」で髪を掴み指の外側を切っていきます。 慣れると早いですが失敗すると髪の毛が短くなったりするので慎重にしましょう。 バリカンもブラント感 パッツンな感じ が出るので、後で毛先は梳きバサミでザクザクとシャギー調にしましょう。 チェックカット 最後に顔周り、耳まわりの髪を整えていきます。 顔周りはまず手ぐしでサイドの毛を前に持って行きます。 飛び出た髪の毛、いらない髪の毛を梳きバサミで切ります。 耳まわりは手ぐしで上から下におろして飛び出た髪の毛を梳きバサミで切ります。 耳まわりは耳に引っかかり切り切れてない時があるのでしっかりと手ぐしで引き出しましょう。 ここをしっかり切っておくことでメリハリが出て、理美容室に切りに行ったのと変わらない感じに仕上がりますよ。 梳きバサミも沢山種類があります。 なので、慣れていない方は10%~30%ぐらいの梳きバサミで梳いていくとミスも少なくできると思います。 慣れてきて早く切り終えたいという方は多くすける梳きバサミで梳くと良いと思います。 初心者にオススメなのは20%のスキ鋏です。 プロ使用のすきバサミを希望の方は『axis scissors すきバサミ』を下の画像から購入下さい。 梳きバサミは生え際下段から順に横パネルで切り進んでいきます。 もみあげから耳裏まで梳けたら次は1パネル上に進み同じように前から後ろに梳き進みます。 横に3層のパネルに分けてイメージすると切りやすく、同じ所を何度も梳き過ぎて穴が開いてしまったりというミスも少なくなります。 この時梳きバサミの角度は斜め45度で切ります。 真横だと梳きバサミのライン 違和感のある線 が入ってしまいます。 この工程を2~3回繰り返しながら進みます。 同じ所ばかり梳くと髪の毛が無くなり穴が開いたようになってしまうので合わせ鏡などを使いしっかり目視して確認しながら切り進みます。 手で触りながら自分の好きな毛量質感に仕上げていっても良いと思います。 カッコよく仕上げるコツは全体を均等に梳くことです。 逆サイドも同じように梳き、最後に鏡で左右同じ軽さ、質感になっているかチェック出来たら完成です。 完成図 こんな感じにサイドをセイムレイヤーにカットできましたか? セルフカットで自分の髪を切る時にとっても便利な道具がありますので、「」も合わせてお読みください。 スポンサードリンク.

次の

セルフカット初心者さんへ。【すきバサミ】の1から100までご紹介

セルフカット 後ろ 女 セミロング

セルフで女性のヘアーをカットする方法は? 私、人間に関わる事をお金を出してお願いするのが面倒な性格なんです。 例えば、家に関わる修理。 業者に頼むと、家の中に入られるのとか、掃除念入りにせな、とか色々考えるのが面倒。 業者に応対せなアカンのも面倒。 だもんで、DIY出来る事はしてしまったほうが、そっちのほうがラクだし、節約にもなるし、経験値も上がるし、良いことずくめ!という考え方なんです。 髪の毛のカットも、今までは「こういうのはどうしてもプロにお願いしないとなァ…」と思って、美容院に行っていましたが、行くの面倒だったんですよね^^; でも、自分でもしかしたら出来るかもしれない…とちょっと思ったんです。 そこで、自分で髪の毛をカットする方法を詳しく調べてみました^^ 目次• セルフヘアーカットするための準備は? まず、道具をそろえましょう^^• すきバサミ セルフカット時に絶対に必要になるのが すきバサミです。 すきバサミはその名の通り、 髪をすくためのハサミです。 毛量の調節を主な目的として用いるハサミです。 くし セルフカット時には くしもとても便利です。 くしを使って毛流れを整えたり切る量を調節することで、 失敗の可能性を低くすることができます。 毛の流れが乱れた状態であったり、髪がぼさぼさの状態ではカットもスムーズに行えません。 頻繁に櫛でとかしながら切っていくと良いでしょう。 ピン・ダッカール セルフカットには ピンも活躍します。 家にある普通のアメリカピンでもOK! ピンで切りたくない場所を上手く避けておくと効率良くカットしていくことができます。 また、大きくしっかりとまとめておきたい場合には小さなアメリカピンよりも ダッカールのほうがオススメです。 たとえば、クセが強い人は毛先を薄くしすぎるとすごくうねってしまったり、髪が固い人は、中間から毛先にかけて多めに梳いてみたり・・。 と、髪質によって カットの仕方が少し変わるので、よく把握しておく必要があります。 髪型を想像する 切る前に、したい髪型に最も近い状態を作ってみましょう^^ ヘアゴム・ヘアピンなどを用います。 その際は 縦にハサミを入れます。 基本的にハサミを横に入れることはありません。 長めに切る! 1度切ってしまった髪の毛は、元には戻せません。 理想の長さよりも 長めにカットし、後で、ずつ調整していきましょう。 何回かに分けて、ちょっとずつ切っていきます)。 前髪全体に 霧吹きなどで髪を濡らした後、ブローして乾かす。 前髪からサイドにかけてクシでキレイにおろす。 切りたい前髪の範囲を、前髪のてっぺんから前髪の両端を 三角のイメージで取り分ける。 取り分けた前髪以外のサイドの髪を、両サイドピンなどで留める。 できるだけ 黒目の両端に合わせて前髪の幅を決める。 さっそく切ってみましょう!! それでは、前髪を実際に切ってみます。 前髪を指ではさみ、前髪の毛先に対して ナナメにハサミをいれる。 この時に、ちょっとずつジグザグにカットしていくのが自然な仕上がりのコツです• 前髪の両外側の毛ははずして、 真ん中のラインからカットしていくのがポイント!• 真ん中の長さを調節してから、両端の余った前髪を、真ん中の髪の長さに合わせてカットする。 終始 長めに残しておくのがコツです。 終わった後にブローで整えた時に、前髪が思っていたよりもふわっとなってしまうことがあるからです• 最後に、サイドの髪のピンをはずしてブローをします。 クシでよくとかした髪の毛を、両耳サイド、バックと3つにヘアゴムで結います。 この時に、後ろは割ときつめに結いましょう! 2. 後ろできつく結った所を、後ろに引っ張って緩めます。 さっそくカットです! 後ろのゴムで結った すぐ後ろにハサミを入れて、横にまっすぐとカットします。 毛先がこのようになったら、後ろのゴムははずします。 後ろの毛をほどいたら、ゴムでしばっていたサイドの髪もほどいて、上から毛先に向かって滑らせるように ナナメにハサミをいれましょう。 毛先、サイド、バックの順にすくと、自然な仕上がりになります。 というのをポイントに切っていくと良いかと思います。

次の

セルフカットロングの方法!後ろ髪の簡単なすき方やレイヤーの切り方は?

セルフカット 後ろ 女 セミロング

自分で後ろの髪をシャギー束感のあるレイヤーにカットする切り方講座。 セルフカットで見えなくて難しい襟足をカットするには、ちょっとしたコツとテクニックがいります。 ここでは襟足、後ろ髪を簡単に切るやり方を紹介しますので参考にしてください。 スポンサードリンク レイヤーとは・・・・ レイヤーとは、ヘアカットにおいては、髪に段差をつけることを表します。 美容院などで聞いて、なんとなくは知っているけれど、よく分からないという方が大半だと思います。 グラデーションカットも「段を入れる」という意味では同じですが、実はだいぶ違いがあるんです。 レイヤーカットは髪の毛を頭皮に対して真っ直ぐ引き出した時、上の髪と下の髪が同じ長さになるようにカット セームレイヤー 、もしくは、上の髪が下の髪より短くなるようにカット ハイレイヤー することです。 レイヤー対してグラデーションカットは、上の髪が下の髪より長くなるようにカットすることです。 上からかぶさる髪が減るので、髪の厚みが減り、軽さや毛先に動きが出しやすくなります。 グラデーションカットに比べてレイヤーカットはトップが短く軽くなるのでドライヤーで乾かす時に短い時間で乾きます。 自分好みの襟足を作るには・・・・? まずは自分の好きなヘアスタイルを探しましょう。 ヘアスタイルが見つかれば、襟足の長さも決まってくるでしょう。 マッシュ系スタイルの襟足はだいたいグラデーションになっていますし、ウルフスタイルや外ハネスタイルの襟足はレイヤーやハイレイヤーになっていることが多いですね。 襟足だけを極端に短くしたり、長くしたりすると髪型に違和感が出るので、全体のヘアスタイルに合わせるのが大事だと思います。 スポンサードリンク 襟足の切り方:step1 クセをとり、ドライカット カットする時はしっかりと髪の癖をとりましょう。 水スプレーなどで髪をしっかり濡らして癖を取ります。 一度シャンプーなどするとなお良いです。 癖がとれたら髪の毛を乾かします。 濡れた状態でもカットはできますが、乾いた状態で髪を切るドライカットの方が最終的なイメージがしやすいです。 髪がくせ毛の方は特に乾かしてから、カットすることをオススメします。 髪の毛は濡れると伸びて長く感じます。 乾くとくせ毛が縮み短く感じます。 髪の毛の毛量調整する時も濡れている状態だと軽く感じます。 乾くと髪の毛が膨らみ重く感じます。 そういった髪の特徴から濡れたままカットすると仕上がった時にイメージしていた髪型よりも短く感じたり、重く感じたりします。 髪の癖を取るために濡らして乾かす。 簡単なことですが、面倒で省いてしまいがちです。 この一手間で確実に最後の仕上がりは良いものになってきます。 普段ヘアアイロンなどでくせ毛を伸ばす方は、ヘアアイロンで髪の毛を伸ばしてからカットするのも1つの手ですね。 襟足の切り方:step2 レイヤーカット 始めにガイドを作ります。 櫛で真っ直ぐ下におろして好みの長さにカットします。 襟の下でカットするのか?首の下でカットするのか?長さの目安を決めてカットしましょう。 あとで鍬バサミで毛量調整すると少し短くなったように感じるので、最終的な仕上がりイメージよりもやや長め 1センチ位 にカットすると良いと思います。 襟足はあまり直線的にカットすると仕上がりが四角く硬い感じになるので、やや円を描くように丸くカットした方が自然な仕上がりの襟足になります。 後ろとサイドをつなげる 下のガイドができたらサイドと繋げます。 耳下とみつ襟を繋げるようにカットします。 みつ襟とは、襟足の1番端の部分のことですね。 みつ襟は見失いがちな所です。 見失って切りすぎたり、切り残したりすると後ろから見た時に細長い襟足になったり、横に幅広い襟足になったりしますので慎重に。 ここで失敗するとカッコ悪い襟足になってしまうので、しっかり合わせ鏡などで見ながらカットしましょう。 利き手の反対の手を櫛の代わりに使い、髪を真っ直ぐ下に引き出してサイドとみつ襟が繋がるようにカットしていきます。 逆サイドも同様にサイドとみつ襟が繋がるように下に引き出しカットしていきます。 ここは丸く繋げず、真っ直ぐ繋げても大丈夫です。 襟足にレイヤーを入れる。 襟足のガイド、サイドとみつ襟の繋がりのガイドができたのでガイドに合わせレイヤーカットを入れていきます。 はじめに紹介したようにレイヤーカットは髪の毛を頭皮に対して真っ直ぐ引き出した時、上の髪と下の髪が同じ長さになるようにカット セームレイヤー 、もしくは、上の髪が下の髪より短くなるようにカット ハイレイヤー することです。 そして、レイヤー対してグラデーションカットは、上の髪が下の髪より長くなるようにカットすることです。 なので、髪の毛の引き出す角度を意識し、髪の毛を下から頭の形に対して真っ直ぐに引き出してカットしていきます。 この時、注意点としては、間違えて最初に切ったガイドの髪をカットしてしまうことです。 ガイドを切ると後ろから見た時のシルエットが全体に短くなってしまうので、ガイドの髪の毛はカットしないように意識しながら切りましょう。 頭の形に対して平行に髪を引っ張ってカット。 この時、髪を持った手の引き出し方で、シルエットや重さ軽さ全体のバランスが決まってくるので引き出し角度は非常に大切です。 上の髪が長くなってしまうとグラデーションになって重いシルエットになるので、下が長くなるように髪をしっかり持ち上げてレイヤーカットになるように意識しましょう。 より軽くなるハイレイヤーにしたい場合は、さらに角度をつけて髪を持ち上げ、上と下のガイドの長さに差をつけます。 束感や軽さがより目立つように仕上がります。 襟足の切り方:step3 セニング毛量調整 step2の工程で襟足のベースカット 形 ができたので、セニング、梳きバサミを使って髪の量をすいていきましょう。 梳きバサミは沢山の種類があるので、どのハサミを選択するのかも大事です。 最近はコンビニや薬局、ホームセンターなどにも販売していますが、一般的に購入することができる商品は大体1000円~3000円前後だと思います。 梳きバサミで梳く手順は下から順に梳きバサミを入れていきます。 指やピン、ダッカールなどで2㎝幅で横にラインをとり下に落ちた髪を梳きます。 真横に梳きバサミを入れるとハサミのラインがつきやすいので斜めに入れる方が良いです。 2㎝幅に分けた状態。 1番下の部分から梳きています。 幅2センチほどの毛束を取って外側から内側に向かって順番に梳くと良いでしょう。 早くしようと乱雑に梳くと毛量の多い所や少ない所ができたり、梳きすぎて穴が空いてしまうので時間はかかりますが、1束づつ丁寧に梳きバサミを入れていきましょう。 ぱっつんチェック! 櫛などで髪の毛を下にときつけ、1番下のライン、サイドとの繋がりのラインにブラント感 直線的な切り口のぱっつんな感じ が出てないかチェックしましょう。 ブラント感が残っていると素人が切った感じがだいぶ出てしますので、梳きバサミでブラント感を消すように毛先を空いていきましょう。 どうですか?貴方の好みの襟足はできましたか? セルフカットで自分の髪を切る時にとっても便利な道具がありますので、「」も合わせてお読みください。 スポンサードリンク.

次の